ホルモンバランスとニキビ

ホルモンバランスとニキビの関係とは?効く洗顔石鹸と予防法
私の場合は肌荒れになったなと思ってからポツポツにニキビが出来始めます。毎日のお手入れやニキビケアコスメ治療について書いてみます。
TOP PAGE > 私が20歳のこと、背中が痒い為みてみると、多

更新日:2017/03/28

私が20歳のこと、背中が痒い為みてみると、多

私が20歳のこと、背中が痒い為みてみると、多くの吹き出物ができていたんです。早急に皮膚科に受信しました。診察をして、先生から、「吹き出物は白ニキビです。

原因は食事の偏りなんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。

チョコが一番赤ニキビが出やすいそうです。

ノンエーといったニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がマツキヨなどのドラッグストアなどの店頭で販売されています。しかし、品数が豊富にあるため、自分のニキビに合っている商品を見つけ出すのは至難の業です。

サンプル品などがあれば試供品を利用してみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするとベストかもしれません。なぜ赤ニキビができるのか?その理由のひとつに、お肌の乾燥があります。

肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?とびっくりしている人も少なくないでしょう。

当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつではありますが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それがもとで白ニキビができてしまうのです。白く化膿したニキビを見つけると、いじって中身を出してしまいます。

ニキビの中からニキビの芯が出てくるのが止められないんです。

でも、五回に一回はつぶしたときに芯が残り、意地でも芯を出そうとしてしまい、消えない赤ニキビの痕跡が残ります。鏡で赤ニキビ跡を見るたびに、無理にコメドをつぶしてはいけないと反省するのですが、白い赤ニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また爪で押しつぶしているのです。

毎日洗顔などで綺麗な状態にしていても、白ニキビができてしまうということは誰にでも起きることに違いありません。ニキビを防ぐには、洗顔などで汚れを取るのは当たり前のことですが、栄養の豊富な食べ物をとりしっかり睡眠するといった体調の管理も重要になってきます。ニキビなどは誰しもが素早く解消させたいものです。

赤ニキビは早く改善するためにも、ニキビをいじってしまわない様にする事が重要なことです。汚れて雑菌の付いている手で軽い気持ちで触っていると、ニキビを悪化させる原因となりますし、触りすぎてしまうと肌に傷をつけてしまいます。

知らないだけかもしれませんが、ニキビに効果がある飲み物は、まだありません。ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、控えるようにした方が良いです。コメドと肌荒れは別のものですが、あまりいけない事をすると、ニキビの原因にもなりかねないのです。

ご存知かもしれないですが、赤ニキビを予防するには、多くの種類があります。

中でも最も有名なのは、きちんと顔を洗うことでしょう。ただ水で洗顔するだけでなく、NonAなどの洗顔フォームを利用して洗うと、さらに予防効果は高まります。洗顔した後は、化粧水を利用することで、ニキビ予防効果を更に高めることができます。

ニキビが出来た後によくあるのが肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌の黒ずみといったトラブルです。クレーターを治すには専門の医療機関である皮膚科で診てもらわないと解決しませんが、黒ずみについては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くするという方法もあるのです。

ニキビを治すには、ザクロが役立ちます。

にきびはホルモンバランスの均衡がとれない時や肌の細胞の代謝がちゃんと行われない時に、できるのです。

ザクロの効果には、余分な皮脂が出る原因になる男性ホルモン分泌をブロックし、代謝を上げることができる成分がたくさん入っているため、根本的にニキビを改善することが可能なのです。ニキビをできる前に予防したり、できてしまったコメドを正しく治していくには、栄養バランスのとれた食生活を摂取することが大切です。中でも野菜を中心に摂っていくことは極めて大切なことです。

野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、そういったことを意識して摂っていくのが理想の形です。ニキビを潰してしまうと、そこから膿が出ます。

さらに潰してしまうと芯が出てきます。これがニキビの元となるのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決して良い方法ではありません。

無理に潰すわけですから、ますます炎症は広がってしまいます。

ニキビの跡が残ることもあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。

炎症を起こした状態のニキビは、洗顔などで少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。そのため、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても指で触るのは絶対にやめてください。触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が入るために、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。10代の期間、スナック菓子をたくさん食すると翌日にはニキビが現れていました。

食事がこのように関係するんだ、と体感したものです。

それから後、年齢が進むとともに食べ物にも気を遣うようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。その結果か白コメドも完全に出なくなりました。近頃、重曹でニキビのお手入れができるという話をよく聞きます。

ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができ、赤ニキビ治療に効果的に働くと期待されているのです。ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌を傷める恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

寒くなってくると、乾燥を気遣って色々と皮膚のお手入れを行いますが、そのことが逆にニキビの数が多くなる引き金になっているように感じるときがあります。

普段は使用しないようなオールインワン化粧品などを使用することが素肌への刺激になり、毛穴くろずみや炎症を誘発して、冬でもニキビが発生してしまうことがあるそうです。

知っての通り、ニキビは女性であろうと男性であろうと難しい問題です。

ニキビができないようにケアしている人はいっぱいいると思います。

ニキビに効くお手入れ方法の一つに水洗顔が挙げられます。

白ニキビができた途端に、必要以上に洗顔してしまったり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気持ちになりますが、これらはNOなのです。

にきびで悩んでいるからといって洗顔をやりすぎると、必要となる油脂も落としてしまい、かえって逆効果になります。

どんなに多く見積もっても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。

大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、直接肌に手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。保湿ローションには、ベルリアンなど自分にあったものを選びましょう。ニキビは潰しても問題ないのでしょうか。実は、ニキビには潰して良いものと潰してはダメな状態のニキビがあります。

潰してしまっても良い状態のニキビとは、炎症が落ち着いてきて、ニキビの内に溜まった膿が白く盛り上がってきた状態のものです。こんなニキビの状態は、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具や針といったものを使えば、潰してしまっても問題ないでしょう。顔ではないところで、意外にもニキビができやすいのは実は、背中なんです。

背中は自分で見えないので、背中にコメドができても、気づかないこともあります。

それでも、背中でもケアをきっちりしなければ跡になってしまうことがありますので、注意してください。

私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、洗顔でピーリングを行っています。初めてピーリングを行ってみた時には、少しヒリヒリ感が残りました。

そのため、なんだか怖くなって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、そんなヒリヒリ感は消えて、ニキビがすごくキレイに治りました。

その後は、ニキビを見つけるとピーリングを行うようにしています。

ヨーグルトはニキビに良くないと言ったり、その逆に良いと言われたりしていますが、こうした情報の真偽というのは定かではありません。特定の食品だけに頼っているのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけるようにすれば、ニキビ予防へと繋がると思うのです。コメドになるわけは、必要以上にホルモンが出てしまうことなのではと言われています。ニキビ予防に必要なことはたくさんあります。たくさんの中の一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。健康的な生活は、これが大きな要素となります。

ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。先生から、塗り薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗るタイプの薬を処方されました。

ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、肌には強いので、患部が治ってきたら塗る回数を微量にしていかないとならないそうです。ニキビというのは、すごく悩むものです。

赤ニキビが出る時期というのは、たいてい思春期ですから、気にして仕方のなかった方も多いと思われます。

にきびは予防も大切ですが、薬で治すことも出来ます。

薬屋に行き、薬剤師に聞いてみたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。

妊娠の初期はホルモンバランスが乱れてしまうことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。さらに妊娠に伴った精神的ストレスも赤ニキビの原因となってしまいます。

とはいって、抗生剤といったものの使用は出来ません。

ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、身体を労わるようにしましょう。

関連する記事はコチラ

2014 ホルモンバランスとニキビの関係とは?効く洗顔石鹸と予防法 All rights reserved.